So-net無料ブログ作成
検索選択
アートなお出かけ ブログトップ
前の10件 | -

東京国際ブックフェア [アートなお出かけ]

洋書.jpg見た目に惹かれて・・

7/10〜13、東京ビックサイトで開催されていた
東京国際ブックフェアに行ってきました。(12,13日は一般公開日)

改めて書くと、すごい名前のイベントですね(笑)
ワタシは東京ビックサイトの催しに行くのは初めてだったので
会場の広さと人の多さに終始圧倒されっぱなし。
・・・でもさすがは屋外、涼しかったです^^


出版社によって異なるし、全部が対象という訳ではないのですが
書籍は市価の20〜50%引き。
狙っていたもの、巡り会えたものがあればとてもお買い得です!


数々のブースがあるなかで(←それを見て回るだけでも面白い^^)
わが家の目的は 「洋書のバーゲンコーナー

たくさん買ったら本は送ればいいよね〜
なんて意気込んでいた割には、洋書は
ワタシもダンナも3冊づつと結構控えめな収穫。

(ちなみにワタシのもう1冊は子ども用のぬり絵の本。
もうあげちゃったんだけど、300円でいいおみやになりました^^)

そのほかに、書籍・雑誌など
それぞれちょこっと買い物しました。


わが家はお互い狙っていたジャンルでは期待外れな結果でしたが
人混みにまみれて
ごそごそとそれらしい本(←だって洋書は何書いてあるか読めないし^^;)
を見つけるのは、なかなか楽しいものです。
あっという間に結構な時間うろついていたみたい・・。


ブックフェアチラシ.jpg

自分でもらったもの、強制的!?に渡されたものなど
いろんなブースからもらったチラシ達の一部。
実は漢検、ちょっと気になる・・(笑)
ここには写ってないけど
「スカイ・クロラ」の宣伝たっぷりの紙袋が
本の持ち帰りに重宝しました^^
nice!(9)  コメント(5) 

小樽のガラス工房で吹きガラスを体験 [アートなお出かけ]

今回の札幌・小樽旅行では
4つの目的がありました。

そのうちのひとつが小樽のガラス工房へ行く事!です。


・・・・それってもしや、
記憶にも新しい!?
9月の勝沼での吹きガラス体験が気に入ってしまったのでは??


ふふっ、まさにそんな感じ〜^^

特にダンナは前回よりも強い意志でリベンジを兼ねていたようです。




これが今回の作品!? です。

左の広がったお皿のようなものがワタシ作。
前回勝沼で作ったグラスのお揃いになるように意識してみました。
で、でもホントにお揃いで使うだろうか・・。
ちょっとグリーンが濃かったですね^^;

右はダンナ作。
シマ模様がキレイですね、アイスコーヒーが美味しく飲めそう♪
今回はまあまあ納得の出来だったようです(笑)
取っ手はもちろん工房の方がつけてくれました。
びよよーんとあっという間に^^

ちなみに色や模様の出方は
工房の方に好みを伝えて作業してもらっています^^;。

今回お世話になったのは
ザ・グラススタジオ・イン・オタルさん。
小樽には、たくさんのガラス工房があり
どこで体験をさせてもらおうか・・といろいろ悩みました。
観光に便利な街中にも気になるところはあったのですが
今回はまわりのロケーションと広そうな工房の雰囲気から決めたんです。
くもり空だったので、遠くの海や小樽市街は
ぼんやりしか見えなかったけど・・。


おそらく体験では
見本に沿ったグラスから好みを足していくんだろうな・・と
漠然と思っていたのですが
こちらでは
簡単なデザイン画を自分で書いたものをもとに
作成していくんです。

こ、これはワタシのリサーチ不足(笑)
こんなことなら、もっとちゃんとしたデザインを
考えておくべきでした・・。
なので、グラスの形は
かなり自由に作ることができます。

ワタシの作ったものだって
グラスの変形ですからね〜^^
口を広げる作業は前回よりぐんと広いので
とても難しかったのですが
工房の方の手直しにより
ちゃんとしたお皿に生まれ変わることができたと思います。



左の写真には左側、右の写真には下のほうに
ちょこっと写りこんでいるのが、作業中のワタシです。


今回は(も、かな^^;)
二人とも作業に真剣だったからか
工房の写真がとても少ない・・(笑)。

けど、工房中も広々としていて
高炉の間近で
工房の方と一緒に作業することが出来て
記憶に残る
とてもいい経験ができました。
スタッフの方にも感謝です♪


------------------------------------------------------------------------

ちょっと話はずれますが・・・


本日はわが家の結婚記念日です。

この旅行には、数日後の今日の記念日を
お祝いするのも兼ねていました。
このグラスはそんな記念品・・ではないし
夫婦、各自バラバラな方向を向いていることも多々あるのですが(笑)
今後も日々穏やかに
お互い笑顔で毎日過ごせたらいいな・・と
思っています。
(そんなことを考えているのはワタシだけかもしれないけど・・^^;)

なので、もうお祝いは終わっちゃったから
今日は特別なことはなしです!
でもせっかくなので
お花買って、飾ろうかな〜^^


nice!(12)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ちひろ美術館・開館30周年 [アートなお出かけ]

ちひろ美術館とは
画家、いわさきちひろさんが生前過ごしていた
東京・練馬区下石神井の家の跡地に作られた美術館。

今年で開館30周年だそうです。

個人的に幼少の頃、
この美術館の近くに祖父が住んでいたので
ちょくちょく遊びに来ては
館内をぐるぐるまわったり、絵本を読んだり・・としていたのを
とっても懐かしく思い出します。
小さいながらも、ちひろさんの持つ
やさしさやあたたかみを絵から感じ取ることができたので
この美術館は大好きな場所でした。(おじいちゃん家よりも??)

そんな思い出の場所に
数十年ぶり←こんな曖昧にしなくても、ホントのところはっきりわかってる(笑)
行ってみました。


訪れたきっかけになったのは、
日曜日に「記念感謝ディ」として
入館無料+フリードリンク+トークイベント
が開催される・・・!!との電車の中吊り広告。

・・・確かに、たくさんの人で賑わっていました。
(さすが、タダの力は強い・・^^;)


しかし館内にいる
たくさんの老若男女は
ただタダだから訪れているのではありませんでした。もちろんワタシも含めて。

きっかけはそうだったかもしれないけど、
美術館の近くに住んでいる人
ずっとちひろさんファンの人
誰かに勧められて訪れた人
ちょっと昔を懐かしむ人・・・

さまざまの人達が
絵を見て歩いていたり
復元されたアトリエをじっくり見たり
絵本のフロアで足を止めたりしているのを見ると
昔から好きな絵は
こんなにたくさんの人も好きなんだな・・と思い、嬉しくなりました。


ポストカードを数枚購入。
どれも好きな絵だけど、特に思い入れのある絵はこの中にはありません。
だって、もったいなくてポストカードが使えないじゃない?

実家の部屋に
昔買ってもらった、その思い入れのある絵が飾ってあるので
ワタシはそれで充分なのです。

参考までに、その思い入れとは・・
買って買って〜と、額入りの絵を親に買ってもらったばっかりだったのに
おじいちゃんの家に戻ってすぐ、その額の絵のガラス部分を踏みつぶしてしまった!!
苦ーい思い出・・今となっては笑えるんだけど、幼いながらも後味悪し^^;

そんな事も思い出しながらも
また今度は
親や親戚と来るのもいいなぁ・・なんて思っていました。



nice!(8)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

ガラス工房でグラス作りを体験 [アートなお出かけ]

届きました♪


前記事のぶどう狩りに次ぐメインであった
グラス作りの体験をしてきました。


作った日は工房でガラスをゆっくり冷まさなければいけないので
持ち帰りは次の日以降。
日帰りだったわが家はもちろん送っていただきました。
一週間ぐらいかかりますよ、とのことが
3日後にもう届きました(^^)


ワタクシ作は左のグラス。
・色はきみどりを下のほうに濃いめで
・グラスの丈はそんなに高くしない、低めで
・少しだけ口を広げる

工房のスタッフの方からの質問にこのように答えて
できあがったものです。


自分でやる作業は
管に息を吹きかける・形を数回整える・グラスの飲み口を広げる・・
ということのみで
(体験者は座ったままでの作業です)

高熱のガラスを巻き取ったり、炉に入れたり〜っていうことはしませんでした。

なので、スタッフの方がほとんど作業してくれるので
大きな失敗をするはずがありません。
自分で1から作業して、とんでもない形のグラスになるんじゃないか・・と
覚悟していた分
ちょっと、あっけなかったかな(笑)



ちなみに右側の青いグラスはダンナ作。
色を全体に入れたり、グラスに凹みをつけたりしていましたが
あんまり納得のいく出来ではなかったようです^^;

まぁ、それもいい体験♪
また違う形のグラスもやってみたいなぁ・・と思うのでした。

でもでも、無事に出来て
手元に届いてよかったです。
工房の方にも感謝です♪



熱そう・・・




お世話になった、がらす屋さんは、
白百合醸造の敷地内にあります。

帰る時に見つけたぶどうの木??


nice!(9)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国立新美術館 [アートなお出かけ]


今年六本木に開館した国立新美術館
独立行政法人国立美術館としては5番目の美術館で
東京では東京国立近代美術館、国立西洋美術館についで3つめです。

この美術館では独自の収蔵品は持たず(←ココ、去年の検定試験で出た!)
国内最大級の展示スペースを活かして
さまざまな展覧会、美術情報の収集や提供など
これまでにない新しいかたちの美術館です。

設計は世界的建築家であり、時の人?である黒川紀章氏。
美術館の延床面積45000㎡は開放的(というか、ちょっと機械的?)
所々にベンチがあってゆったりとした感じではあるけど
個人的には開放的すぎるのもちょっと落ち着かないかな・・(爆)

ま、そんなことを思いながらもせっかく来たのだから・・と
2階のサロンお茶することに。
ちなみにその場所は左写真の逆立コーンの上です。

ケーキやベーグルは少々お高いけど(爆)、美味しかったです。

今度は大行列だった三ツ星ブラッスリー目当てに行きたいです。
(土曜だったからか、あのランチ目当てにすんごい列だった・・)


有料だった展覧会を見る事なく
無料だった「黒川紀章展」(3/19で終了)を見て
あぁ、あの場所もこの人だったんだ〜と感心するばかり。
個人的に印象のあったのは、マレーシア国際空港
とてもどでかい空港でここと同じように、というかもっと開放的で規模もでかい。
乗り継ぎで思いっきり迷子になった思い出もアリ・・・。

ついでにたまたま行われていた講演も聞いてしまいました。

右写真の右側に写ってるちっちゃい人(爆)が黒川氏
さすがに本職の建築についての話は、素人が聞いても興味深いもので
とてもわかりやすく話をしていました。
講演前にサイン攻めになっている黒川氏を見て
結構人気があるんだなぁ・・と思いました。
(ワタシは都民じゃないから、知事選は見守るしかないし・・^^;)


今後、美術館ではモネ展も行われるし
近くには東京ミッドタウンのオープンもあるし
六本木近郊にお出かけの際はちょっと立ち寄ってみるのも面白いと思います。
・・・・
場所は千代田線・乃木坂駅より美術館直結連絡口あり。
日比谷線、大江戸線・六本木駅からも歩いて5分ちょっとだと思います。
都バスも近くを通っていました。
(1月末に新宿へ向かうバスの中から美術館が見えて、夜のライトアップが綺麗☆)


nice!(9)  コメント(14) 
共通テーマ:アート

リサとガスパール&ペネロペ展 [アートなお出かけ]

友人宅へ行く約束が流れた週末
急遽行きたかった場所へ行く事に〜
そのひとつはこちら



3/26まで銀座松屋で行われているリサとガスパール&ペネロペ展
チラシと展示会用の本です、可愛いでしょー♪

展覧会のために書き下ろされた作品や
たくさんの絵本の原画が多数展示されており
作品のエピソードや出来上がるまでの過程、再現されたアトリエなどなど
へ〜と思える話もあって
見ている間はあっという間に時間が経っていました。
特に原画はホント可愛くて・・・(^^)
油絵のタッチや明るい色彩にも感動しとっても幸せでした。

そういえば、ワタシはいつからリサガスが好きなんだろう・・
なんて考えながら、あの可愛い世界
パリにもまた行きたいわーなんて思ってしまいました。
そうそう、今はパスコのパンを一生懸命食べています♪
(おかいものエコバックゲットに向けて・・^^;)


展示を見た後には
たくさんのグッズも目にすることとなり
テンションあがりっぱなしでした。
(展覧会用の本で心が満たされたので、今回グッズは絵はがきを数枚購入・・^^)


リサとガスパール オフィシャルサイトはコチラ

今回の展覧会や先週ららぽーと横浜に出来た
リサガスグッズのショップの詳細がのっています。←ココも行きたーいっ。


京都、名古屋でも今後展覧会が行われるようですー。
<京都> 2007年4月26日(木)〜5月27日(日)美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹) <名古屋> 2007年7月18日(水)〜7月29日(日)名古屋三越栄店


nice!(10)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

江戸への誘惑 [アートなお出かけ]

ちょっと前のお出かけですが

いつでも行けると思うような
なかなか行かないと思っていたような・・
そんな場所に行ってきました。

江戸東京博物館です。


きっかけとなったのは、「江戸の誘惑」肉質浮世絵展を見ること。

葛飾北斎、菱川師宣、喜多川歌麿・・など
(個人的に見たかった鈴木春信もあったー)
江戸時代に活躍した代表的な浮世絵師が描いた肉質の浮世絵が
今、何かと話題?な
アメリカボストンの美術館からやってきたのです。

な、なぜ日本の文化がアメリカに??
の疑問で頭がいっぱいだったのですが
明治時代に来日したアメリカ人(医師だって)が
多くの浮世絵を買い集めてボストン美術館に寄贈したそうです。


そういえば、モネの家(フランス・パリ郊外ジベルニー)でも
モネが集めたという浮世絵を見かけたような・・。
なんだか、不思議です。ワタシ日本人なのに(笑)


博物館の常設展もあわせて見てきました。
こちらは撮影可能。

左は中村座                右は江戸の城下町を再現(ミニチュアです)


テレビでは見たことあった博物館の風景。
どーんと日本橋が再現されていて
江戸時代から現在までの歴史教科書
そのまま再現されているような不思議な空間。

結構、規模が大きくてびっくりしました〜。
今まで来たことがなかったことにちょっと反省・・(笑)
あんまり時間がなく(というか、こんなに見所があると思わなかったので
時間が足りなくなった・・)
ちょっと心残り。
今度行く事があれば、せっかく両国なんだし
ちゃんこでも食べてみたいわ〜(外でちゃんこ鍋、食べたことないし^^;)

なんだかこの秋は、奈良時代やら江戸時代・・と
タイムトリップが多い気がする。


nice!(6)  コメント(11) 
共通テーマ:アート

和菓子アート展 [アートなお出かけ]

残りの奈良旅行記(と言えるほどではないか・・)は
現在作成中のため、ちょっとお休み。

昨日出かけた時に
遠回りな寄り道?をして 虎屋ギャラリー
和菓子アート展を観てきました。

今回、こちらのギャラリーでは和菓子をテーマにした
アーティストの作品とそれぞれのメッセージがあり
和菓子のサンプルやかわいらしいグッズも展示していました。


何故興味があったかというと
今年の夏、シュガークラフト教室での作品展で
生徒の合同作品がいろいろな和菓子を作ることだったんです。
ワタシは余裕が無く^^;
参加することができなかったので残念だったのですが・・。

展示作品の中にはミニチュアになったお菓子もあって
とても愛らしかったです♪

いつか参考になれば〜と思いました。いつか・・。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ディズニー・アート展 [アートなお出かけ]


5月に行ったカルティエ現代美術財団コレクション展の時から気になっていた
同じ東京都現代美術館で行われている
ディズニー・アート展
開催されたので、見に行ってきました。


ほんの軽い気持ちで行ったのですが
展示物の量と質の高さにびっくり!!
音声ガイド(日テレイベントだからか、羽鳥さん・西尾さんのズームインペア?が
ガイド役でした^^)を聞きながら、じっくりみながら歩いていたら
2時間以上は経ってました・・。

初期のディズニーアニメーション
「眠れる森の美女」をはじめとした映画の制作過程で
実際に使われた背景画や
コンセプト・アート(これから制作するもののイメージ画ですね)などなどたくさん。
特に、コンセプト・アートの精密さには驚きでした。
まさにMissing Treasures(幻の宝物)が詰まってたい感じ。

スケッチの技法なども記してあったりして
勉強になるね〜とただただ感心(・・って役に立つような事あるのか??)
ディズニーのアニメ をまた観てみたくなりました。
今まですーっと見過ごしていた場面をじっくりとみなおしたいです(^^)

会場では
アニメが流れているスペースや
ミッキーの書き方を教えてくれたり(←書いてきちゃいました♪)
小学生以下の子たちには工作もできるスペースもあるので
これからの夏休み、
涼しく過ごせるいいイベントだと思います♪

====
おまけ

美術館の帰りに東京駅行きの都バスを待っていたら
新橋駅行きが来たので、それに乗り・・・

岡本太郎、観てきました・・。

そして、汐留に行ったらやっぱり・・
都路里パフェだよねぇ・・。おいし♪


nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

カルティエ現代美術財団コレクション展 [アートなお出かけ]

先週末は思いのほか歩き回っていました。

開催期日が間近だったことから、先に国際バラとガーデニングショウをUPしてたけど

その前日はカルティエ現代美術財団コレクション展に行ってきました。


ロン・ミュエク(イン・ベット)

カタログの表紙にもなっているこの作品も、もちろんありました。
両端に小さな人がいるのが見えますか?。これが鑑賞する私達の大きさなので
この作品はとっても大きいんですー。
それもすごいけど、ものすごくリアルに作られているのがまたすごい。
まじまじと見すぎて夢に出てきそう・・(笑)


カルティエ・・の言葉だけを聞いてついて行ったものですから
てっきり宝飾類の展示なのかと思っていましたが(爆)
絵画・彫刻、写真、映像、デザイン・・などがコレクションされています。
秋に行った「横浜トリエンナーレ」も現代アートでしたが
こちらもさらに多彩で驚かされました。


この日の行動はダンナプレゼンツでした。
美術館に行く前の寄り道も多々ありましたよ。

羽二重団子

日暮里繊維街を散策途中、
もぁっとした暑さに負けてついついお茶を。
夏目漱石、正岡子規の小説にも登場するお団子です。

そしてこの人に会いに柴又へ。

ま、またお団子・・。
こちらは寅さんにまつわる?お店「とらや」
壁にたくさん。

帝釈天や矢切の渡しもついて行っただけなんですが
ワタシ、寅さんの話はあんまりわかっていないので
ふぅ〜ん・・という感じでした。

いいお天気だったので健康的なお散歩(お団子?)日和となったかな。


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - アートなお出かけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。